がんばれ!映画『ヤルク・フィキル』

東京在住のエチオピア人青年がメガフォンをとった!
昭和初期の華族令嬢とエチオピア王子の世紀の婚約話が映画に!
初の日本製アフリカ映画の完成を目指して応援するブログ

<< Dawitよりみなさまへ | main | 【番外】アムハラ語で震災ニュース発信! >>
Daniel Nigatuって誰?

『ヤルク・フィキル』より

ダウィットさんとともに『ヤルク・フィキル』を製作しているのが、ダニエル・ニガツさん。エチオピアでは俳優として活動し、数々のドラマ・映画に出演している。

『ヤルク・フィキル』では、アラヤ王子役として渋い演技を披露。堂々たる王子ぶりで気品すら漂わせる。ふだんのユーモアたっぷりのキャラからは想像できない変身ぶりに俳優魂を見た!最近の流行り(!?)は、日本の演歌をマスターすること。この間は、エチオピアンパーティでフランク永井の「有楽町で逢いましょう」を熱唱。"あなたのわたしの合言葉〜♪”
これがまた上手いんだな・・・多芸な人はどこでも多芸なのだとあらためて納得。打倒!ジェロ!でそっち方面でデビューしてもいいんじゃないでしょうか!?

ダニエルさんは1980年エチオピア・アディス・アベバ生まれ。子どものころからアートが好きで、特にドラマや演劇が大好きだった。小・中学校時代に、演技をすることに深く関わるようになった。学校の課外活動を通じて経験を積み、様々なプロの俳優たちに出会い、彼らに触発され、また励まされて、卒業後も俳優としてのキャリアを続けることになった。 1998年にエチオピア国立劇場での“Eve of the Weddingでプロの俳優としてデビュー。劇場での俳優の経験を活かし50以上のTVのメロドラマに出演。また15以上のラジオ番組をプロデュースしたり、声優として出演。エチオピアで上映・配給される長編映画に多数出演している。


エチオピアで携わった主な映像作品

“Hell” (Siol), Tedy Studios;

“The Eagle” (Nisir), Isag Studios; 

“I Should Die” (Simot Endimechegn), Ethio Wood Film Production;

“The Interminable” (Yemayalikew Menged), Promas Entertainment;

`let us play`  Enichewawot comedy , Sima Studio and

“The Notebook” (Mahider), Wabi Film Production.


『ヤルク・フィキル』のワンシーン


同上


あなたを待てば雨が降る〜♪ フランク永井熱唱中



Dawit&Daniel 01:32 -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS