がんばれ!映画『ヤルク・フィキル』

東京在住のエチオピア人青年がメガフォンをとった!
昭和初期の華族令嬢とエチオピア王子の世紀の婚約話が映画に!
初の日本製アフリカ映画の完成を目指して応援するブログ

【番外】アムハラ語で震災ニュース発信!


チーム・ヤルクフィキルによる震災・原発ニュースNo.2

No.1はこちら→

日本が、世界が驚愕した3月11日の東日本大震災、そして続く原発事故。あれから3ヶ月、最近、ようやく少しずつではあるが、震災で途切れてしまったもろもろを元の軌道にのせるべく、細々と活動を開始した。

今日はまずは空白の3ヶ月を埋めるべく、3月の震災後にチーム・ヤルクフィキル(Dawit&Daniel)がやってきた活動を紹介したい。

3月11日の地震後、彼らと安否を確認しあったのはFacebook上だった。電話がつながらない状況の中、インターネットを通じて家の被害状況や友人の安否を確認し合えたのは本当に心強かった。

Dawitさん、Danielさんも地震でお家に多少の損傷があったけれども無事でひとまずは安心。しかし、続く余震や原発事故には日本人のみならず、在日アフリカコミュニティも震撼した。とにかく情報がない。日本人でさえまともな情報を求めて右往左往する中、言語バリアのある外国人にとっての恐怖は想像に難くない。

そんな時に二人から届いた一本のYoutube上のビデオ。たしか震災後数日のことだった。なんとアムハラ語で地震や津波、原発事故をニュースにしたものだ(私はアムハラ語はチンプンカンプンですが)。撮影場所は自宅の片隅ながら、Danielさんがアンカー役でニュースを読み、電話インタビューやもろもろの解説もいれた実用的なもの。

解説するのは東大国際環境経済学の博士課程に在籍するShawel Betruさん。専門は原子力や地震研究ではないが、在日エチオピア人にとって、眼前でおこっていることをアムハラ語で解説してくれるのは非常に有益だろう。

これを送ってもらった時は、原発事故の最中で毎日情報を追いながら一喜一憂するかたわら、二人の素早い動きに驚いた。と、数日後にはニュースNo.2が。しかも進化している!Danielさんはジャケット着用でますますらしくなり、イントロもニュースっぽさが増している。2回目のニュースは放射性物質関連情報らしい。

地震や特に原発に関する情報をエチオピア人社会で共有することが緊急に必要でニュースはとても役に立ったとのこと。

・・・にしても、よくあの混乱していた時期にサクサクとこんなものを作ったねと感心すると、Dawitは「いやぁ、実は、あの頃は仕事も自宅待機になってしまって、もう時間を持て余してさ〜」と。むむむ、修羅場を踏んだ数が違うのか、なかなかタフなやつである。

記:吉田未穂


ニュースより



その他 00:22 -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS