がんばれ!映画『ヤルク・フィキル』

東京在住のエチオピア人青年がメガフォンをとった!
昭和初期の華族令嬢とエチオピア王子の世紀の婚約話が映画に!
初の日本製アフリカ映画の完成を目指して応援するブログ

雅子嬢×アラヤ氏の婚約話

黒田雅子嬢

 『ヤルク・フィキル』の元になった、黒田雅子嬢とアラヤ・アベバ氏の婚約話とはいったいいかなるものか!?詳細はもちろん映画でご覧になっていただくとして、簡単に概要だけお伝えしておこう。

時は大正の香りがまだ残る昭和のはじめ、遠く離れた日本とエチオピアの外交関係がはじまろうとしていた。

1930(昭和5)年、エチオピアのハイレ・セラシエが皇帝に即位し、アディス・アベバでは盛大な戴冠式が行われた。各国から祝いの使者が駆けつけたが、日本からは駐トルコ大使がアディスへ向かった。ハイレ・セラシエ皇帝は日本の戴冠式参列を喜び、答礼訪問として、1931(昭和6)年、はエチオピア使節団を日本へ派遣した。

エチオピア外務次官ベラチン・ギエタ・ヘルイに率いられた使節団の一行にはハイレ・セラシエの血筋に連なる貴族の一人、アラヤ・アベバも入っていた。アラヤは身分の高い貴族にありがちな傲慢さをみじんも持ち合わせず、誠実な人柄で皇帝から寵愛され、宮廷の重要人物の一人であった。

一行の訪問は日本各地で大歓迎を受け、エチオピア側は日本文化に大変感銘を受けたとのことで、アラヤ王子に日本から妃を迎えようたいと申し出る。この申し出を受けて日本では新聞で全国に公募がかけられ、数々の応募者から、千葉久留里藩藩主の家系である黒田子爵令嬢の雅子嬢に白羽の矢が立った。

エチオピア皇室と日本の華族の世紀の婚約は、日本全国を湧かせる大ニュースとなった。英語に長け、開明的な考えの持ち主であった雅子は、まだ見ぬ夫やエチオピアを夢見つつ、嫁ぐ日を指折り数えていた。しかし、エチオピアや日本をめぐる国際情勢は、この婚姻による日本とエチオピアの関係強化を恐れ、若い二人の門出に暗雲が立ちこめる。

詳しくは山田一廣著『マスカルの花嫁―幻のエチオピア王子妃』をどうぞ!

記:吉田未穂









はじめに 22:39 -
映画祭での上映無事終了!

当日会場。この後も人がわらわらと増え続けほぼ満席に。


鑑賞後の観客にNHKのインタビュー

『ヤルク・フィキル』のシネマアフリカ2010での上映が無事に終了。

30分の短編映画として一応の完成をみた『ヤルクフィキル 遠距離恋愛』を日本製アフリカ映画応援企画として上映。将来的には、さらに史実のリサーチを進め、長編化する予定のため、作品最後にはto be continuedと表示されている。

ケニア映画『さよならを言いたくて』の上映前に、『ヤルクフィキル』を上映し、その後Dawitさんによるトーク、そして『さよなら〜』上映というプログラム。
日曜の朝一、10:30開始という厳しいスケジュールながら、予想を超えて130名を越える観客が集まり、この日は、NHKの取材が入ったこともあって、会場は朝一とは思えない活気に包まれた。

何ともすごかったのは、100名近いエチオピア人が映画を観に会場に集結したこと。本当に彼らのネットワークと団結力には驚きである。朝方、打ち合わせのためにフィルムセンター近くのカフェに向かったのだが、小さなカフェはさながらエチオピアンに占拠された体で、あの瞬間、日本中のエチオピア人口の半分があの店の中にいたのではないかと思われる!

おかげで会場も不思議な、そして暖かいムードに包まれ、普通に見に来ていたお客さんも驚きつつ、アフリカの映画館にいるような雰囲気を楽しんでいたようだ。映画の反応はまずまず。日本の描き方にのけぞる人はやはり続出したが、昭和初期という遙か昔にエチオピア王族と日本の華族令嬢の間にあった婚約ストーリーという史実を初めて知る人も多く、興味深く観てもらったことがアンケートから伝わってくる。

上映後には、少なからぬ観客がDawitさんに感想や批判を伝えるために残ってくれ、映画の内容について、日本での映画作りについてなど、熱く語りあっており、その側から、エチオピアンたちが次々と「おめでとうっ」「よくやった!」と握手を求めておとずれ、そこに観客インタビューを撮影する取材班が加わったため、会場出入り口は、人と機材でごった返しものすごい様相に!

何はともあれ、無事終了に乾杯!

記:吉田未穂


フィルムセンター前にて 集まったエチオピアの観客たち


上映後のトークにてDawitさん

はじめに 14:48 -
ヤルク・フィキルとの出会い


シネマアフリカのミッションは、”アフリカ発のアフリカ映画”を日本へ紹介すること。そのためはるばる1万数千キロを行き来している訳だが、ふと気がつけば、身の回りにもアフリカ映画が生まれつつあることに気付き驚いた。

事の発端は、去年の初夏、在京のアフリカの友人たちに映画の紹介をお願いしていたところ、連絡を受けて会ったのがDawitさん。エチオピア映画の最近の状況を教えてもらうべく原宿でお茶をしたのだが、話を聞くうちに、自分で東京でも映画を撮っているという。

そして映画のテーマがなんと日本の華族令嬢とエチオピア王子の婚約話であるというではないか!アフリカ関係者の間では有名なこの話、これを映像化するならば、それはもう見なくてはなるまい!と思い、映画祭の準備を放り出して、まだ製作途中のものを見せてもらいに行った。

今だから告白するが、当初は、静止画像を多用したyoutubeによくあるようなビデオを予想していた(すみません...)。が、見せてもらったのは、再現ドラマなどが入った本格的なもので驚いた。確かに、構成には粗さがあるし日本文化への大いなる誤解も散見される。が、王子役の演技はプロ並みだし(←後にホントにプロと判明)、何か粗削りながら得体の知れないエネルギーを感じる作品だ。

「何かスゴいものを見てしまった」と思い、急遽、『ヤルク・フィキル』と一緒に何かできることはないかと考えはじめた。結局、映画祭のエントリー作品としてはまだ時期尚早なため、応援企画枠として上映をすることに決めた。芽生えつつある東京発のアフリカ映画をシェアし、観客から叱咤激励してもらうことが次の一歩につながるのではないかと考えた。

アフリカ映画が抱える問題の一つに、発表の機会がないということがある。作品は、観客に観てもらい、好評であれ批判であれ、反応を得てはじめて成長していく。その循環が成り立たない限り、アフリカ映画の未来は厳しい。弱小シネマアフリカは何の金銭的サポートもできないが、上映という機会の提供ならばできるし、それこそ映画祭の使命だろうとも思う。

聞けばDawitさんは、母国ではトップレベルの大学を卒業し、映像制作で生計を立てていたが、事情により日本へ来ることになったという。専門職ではない移民としての生活がどういうものかは想像に難くない。長い間、単純労働に就いてきたという。「母国では皿洗いも工場労働もやったことなかった!初めての体験だらけでビックリさ!」と明るく笑いながら話すが、どうしても『アフリカ・パラダイス』の世界を思い出さずにはいられない。

が、当人からは恨み節は全く聞いたことがない。ネガティブなことを言い出したらきりがない、と言う。そして、雅子嬢とアラヤ王子の話に惹かれたのは、日本とエチオピアのポジティブな側面を描いているからだという。「日本とエチオピアの両国でぼくは闇を見た。だからこそ、二つの国の光を描きたかった」という言葉が胸に刺さる。

学生時代から日本とアフリカを行き来して十数年、一人の人間の狭い範囲の体験ながら、私も数々の負の側面を見てきた。それでも光を描くことに焦がれる一人の青年の夢に、シネマアフリカもひと肌脱いでみようと思う

記:吉田未穂

はじめに 00:57 -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS